蛍原徹氏と宮迫博之氏は同日午後8時に別れを告げる

吉本興業は17日、2019年から協会活動を停止していた「回復期決死隊」を解散すると発表した。吉本氏によると、蛍原徹氏と宮迫博之氏は同日午後8時に別れを告げるビデオを投稿する。

発表によると、穂原は吉本と一緒に働き続ける。同日午後8時から、吉本興業とABEMAの公式YouTubeチャンネルで「回復期決死隊解散報告会」が配信され、両者が状況を報告する。週刊誌の取材で、宮迫19は「テレビに戻りたいなら 『回復期決死隊』」と言ったが、終わった。

デュオが解散した後、宮迫は主にテレビで活躍します。たとえば、2020年にオープンした公式YouTubeチャンネル「宮迫博之」や、穂原の王冠番組「雨トーク!」(テレビ朝日)などです。

『アメアガリケシタイ』は、1989年にNSC大阪の7代生である宮迫と穂原によって設立されました。 1991年、99と藤原とともに、笑と踊りを融合させた新しいスタイルで若者たちの支持を得た笑いユニット「吉本インク天然素材」が誕生しました。

1992年、アフターザレインは第13回ABCお笑いルーキーグランプリ優秀ルーキー賞を受賞しました。 1996年に吉本インク天然素材を引退。 2003年はコンビの名前を確固たるものにしました。全国初のクラウンショー「アメトーク!」(テレビ朝日)が合同でスタートし、2人でひよこプラットフォームを運営するMCとしての地位を確立した。

2018年は合併30周年でした。しかし、19日、宮迫の暗い事業問題と送金に関する虚偽の報告が発見された。吉本は宮迫に契約の終了を通知し、その組み合わせは非アクティブでした。これまでのところ、彼らはさまざまな道を歩んでいますが、今年、デュオの32年の歴史の中で幕がついに終わりました。

◆◆えみ姉 仕事