大阪福島区の関西将棋会館でスタート

豊島将之が挑戦した第62回第7戦第4戦の初日竜王=栄王=将棋の王位藤井聡井=棋聖= 18日9時大阪福島区の関西将棋会館でスタート。藤井は現在2勝1敗(●ꌦ)。藤井が勝った場合、彼は王位の最初の防衛を確認します。

先月25日から始まった栄王戦では両者が衝突(藤井2勝1敗=️●️)したが、玉座戦では3駅目から約1ヶ月ぶりの試合となった。先月の21日と22日。最初の動きは手島で、最初の動きは塔の一歩先を行くことでした。 2ウィングアタックタイプへの移行が見込まれます。

当初は佐賀県嬉野市の「和多屋別荘」を参考にする予定でしたが、豪雨により関西将棲会館にピッチが変更されました。藤井氏は、「九州の大雨に見舞われた方々に心よりお見舞い申し上げます。このような状況で競技場を変えることは避けられない決断だと思います。いい将棋を指さしたいです。 「」

豊島氏はまた、「大雨の被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。会場変更は村上市長(大輔)、嬉野市、渡谷の住民が行ったもので、心が痛いです。 「選手の安全を最大限に考慮して決定した」との懸念をお寄せいただき、誠にありがとうございます。市民の皆様の安全な生活への復帰を心よりお祈り申し上げます。 4番目の駅と良い将棋に向かって指摘します。」

藤井は昨年7月4日、棋聖を初のタイトルチャレンジで破って以来、本拠地の関西将棋ホールでタイトル争いを繰り広げている。防衛戦で初めて、彼はホームベースの上席に座った。

時間管理はそれぞれ8時間です。初日は昼休み、午後6時以降は休憩、2日目の翌日19日は次の動きになります。なぐもふうか 大学