腸の活動が低下している

かほなん 年齢便秘というのは、腸の活動が低下しているために起こるので、マッサージすることで改善させることができます。
首や肩、それから腕や足の筋肉も、疲れなどで凝り固まっている時は、マッサージが良く効きます。
腸自身にも、平滑筋という筋肉が存在しているため、疲弊したり、活発になる原理は、腕や足と同じなのです。
腸の場合は内臓なので、直接マッサージしてあげることはできませんが、お腹の上からでも、十分に効果的な刺激を加えることが可能です。
最も簡単な方法としては、お腹をさすることです。
手順としては、まず、仰向けになり、力を抜きます。
次に、おへその周囲を時計回りの方向に、ゆっくりとあまり力を入れ過ぎずにさすっていきます。
続いて、おへその周囲から、指4本分くらい離れた位置から、先ほどの要領でお腹をさすっていきます。
つまり、先ほどよりも大きな円を描く感じですね。
これを繰り返して、腹部全体をマッサージしていくことで、腹直筋の下にある腸に刺激が加わっていきます。
そうすることで、便秘が解消されることがあります。
特に、こうしたマッサージは、夜に入浴した後、体が温まった状態で行うと、さらに効果的です。