顎整形手術の進歩

シートラス
上顎形成外科では現在どのような種類の手術が行われていますか?世界には小さな顔を志す女性が多いと思いますが、顔の輪郭はとても重要です。顎顔面形成外科の場合、1950年代以前は、美容整形は骨を削るのを嫌がり、顎の骨の皮質を少しだけ引っ掻いただけでした。当時、上顎形成外科での全身麻酔への曝露は大きく、機器の設備も整っていませんでした。時代が膀胱期を過ぎると、全身麻酔技術が着実に向上し、美容整形手術施設が設立され、それに応じて顎の形成外科も改善されました。今日では、あごの形成外科手術により、患者はほぼ希望どおりの手術を受けることができます。しかし、その技術を考えると、顎顔面外科手術では医師と診療所の間にまだ違いがあります。局所麻酔下で手術が行われる極端な場合もあります。技術面や設備面で不十分な場合は、引っかき傷が発生したり、形成外科がうまく行われなかったりする可能性があります。局所麻酔下で顎を彫ると、手術中の骨削りの音や振動による痛みを訴える人が多い。内耳に伝わる音は、外からの音とは対照的にかなり痛いです。形成外科の技術は常に進歩していますが、それでも重要な顔なので、病院が本当に信頼できるかどうかを詳しく見てみましょう。