日本のサプリメントはどうなのか

リセラン日本のサプリメント市場は今後どのようになるのでしょうか?日本では、サプリメントによる健康被害は大きく2つのパターンに分類されるのは事実のようです。問題のあるパターンの1つは、購入者側の知識の欠如です。あなたは適切な量よりもはるかに多くのサプリメントを服用するか、あなたの体に有害な方法でそれらを使用することができます。もう1つは、売り手が正しい情報を提供しなかった場合、または情報が漏洩した場合です。サプリメントの説明欄や注意欄に内容表示や広告販売フレーズが事実と異なる部分がある場合。販売するサプリメントに何を表示するか、何を表示するかについての国内基準がないため、メーカーごとに独自のルールがあります。日本のサプリメント市場では、製造面での情報開示は欧米ほどではないようです。そのため、購入者は間違った理由でサプリメントを扱っている可能性があります。サプリメントを選択するための基準は、かなりの数の人々がオンラインで広告の主張と口コミ情報を使用することです。日本に比べて、アメリカの消費者は健康志向が強いので、当然メーカーの士気が高く、広告やサプリメントの口コミも高くなっています。アメリカのサプリメントに関する口コミ情報の信頼性は、この根拠に基づいています。サプリメントの品質と情報の質を向上させるためには、サプリメントが健康を維持することをエンドユーザーに明確に認識させ、製造会社の道徳的良心を高める必要があります。口コミ情報に過度に依存するのではなく、サプリメントがあなたの体にどのように影響するか、そして成分が何であるかについての情報も使用する必要があります。