授業料とローンの役割

教育ローンが必要ですか?理想的には、赤ちゃんが生まれた時から少しずつ教育費を節約する必要があります。どちらの方向に進んでも、十分な教育を受けるためにどれだけのお金を準備する必要がありますか?子どもの学校にいくら準備したいのかというアンケートの一番の答えは約500万円でした。学位の費用を準備するとき、大学に入学する費用の約半分が欲しいです。教育費と大学生活費は、どの大学に行くかによって大きく異なります。一番安いモデルは、自宅から国立大学に行くことで、約500万円かかります。家の外から私立大学に行くと、4年間で1000万円かかります。つまり、4年間の半分の250万円から500万円の節約になります。この見積もりには子供が1人いるため、子供が2〜3人いる場合は、子供ごとに準備する必要があります。貯蓄や学校ローンではなく、月収やボーナスから、入学金や育児・義務教育費を支払うことをお勧めします。この時点ですでに貯められているお金を教育費として使うと、未来は続きません。ただし、小・中・高校では、私立の学校を選ぶこともあれば、不足で月収が減ってローンを組むしかないこともあります。不測の事態で学校に行く余裕がない場合や、貯金が足りない場合は、学校ローンを利用することになります。