インターネットカフェ難民とデイワーカー

日雇い労働者とインターネットカフェ難民の間には深い関係があるようです。 24時間営業のインターネットカフェや漫画喫茶に住む人もいますが、破産や家族の事情で今まで住んでいた実家やアパートを離れた人も多いようです。インターネットカフェ難民は一般にインターネットカフェと呼ばれ、午前中は日雇い労働者としてパートタイムで働きに行きます。インターネットカフェ難民は、一般的に働きたがらない通りの住人とは異なり、働くことをいとわない。 2007年に推定され発表されたインターネットカフェ難民の数は5,400人です。インターネットカフェには50歳から30歳までの幅広い年齢層の難民がいるようで、意外にも女性の約40%がいます。ほとんどの雇用形態は、インターネットカフェ難民の非正規の仕事です。日常の労働者派遣業務では、家賃や光熱費が定期的に収入として徴収される可能性は低い。毎日仕事があるとは限らず、一日の家賃を使ってその日の生活を維持するアルバイトです。インターネットカフェでは、夜のパッケージは夜遅くまで滞在する方が安く、店内のシャワーを使って最低限の生活水準を維持することができます。インターネットカフェ難民は口座を開設できません。住所がないから。高い月給が出せないので、必然的にその日を生き、その結果、社会的な不便が多すぎます。