食事制限と回復のための推奨事項


食事を回復しない食事制限はありますか?しばらく食事を制限し続けると、体はより少ないカロリーでの生活に適応します。基礎代謝を減らし、体内のカロリー摂取量を減らします。ダイエットを始めてしばらくは体重が減りますが、ダイエットに慣れると停滞期に入ります。定期的にダイエットをしていても、思ったほど体重が減らないので、どういうわけか減量しやすい苦痛な時期です。ほぼ復活が容易な時期です。あなたの好きな食事に追いつくなどの食事制限もあなたの精神的負荷を増加させます。不況時には、ダイエットはやる気を低下させる傾向があり、ストレスがたまり、期待通りに体重が減らないと言われています。本格的なリバウンドの開始をトリガーします。通常の食事制限では、体は代謝によって消費する量が少なくなるため、より少ないカロリーに対処できます。あなたが食事療法をあきらめて、通常の食事療法に戻るならば、あなたはより多くのエネルギーを持っているでしょう。食事制限の前日に枯渇する可能性のあるカロリーは、食事制限後に枯渇して肥満を引き起こすことはありません。戻ると、一時的に失った体重が元に戻ります。再発を防ぐために、食事制限中であっても基礎代謝を遅くしないでください。減量したいときは、食事制限だけでダイエットするのではなく、スポーツに行って肋骨対策をすることが大切です。