食事と食欲の抑制


食欲を自由にコントロールできれば、食事制限に悩まされることなく食べ続け、ストレスを感じることなく食べる量を減らすことができます。ダイエット中の食欲との戦いもあります。ダイエットをしているのかどうかは、食欲をどれだけうまくコントロールできるかによります。病気になって食欲がなくなると、食べ物から得る必要のあるカロリーの蓄えが失われるため、体重が減ります。病気で食欲がなくなった場合は、元の状態に戻ったときに再び通常の食事をとることができ、体重は正常に戻ります。健康な時は健康な時がダイエットに適していますが、健康な時に食べる量が少ないと食欲が増し、精神的ストレスにつながります。特に意識することなく食欲を抑えることができれば、精神的なストレスを感じることなく食事を続けることができます。食べたいという欲求を抑えることは難しく、持久力のストレスは予期せぬ反応を引き起こす可能性があります。ダイエットをすると、リバイバル現象を起こしやすいです。多くの人がダイエット中の食欲を抑えたいと思っています。食欲をそそらない薬を服用している人もいますが、体への影響やその他の副作用が懸念されています。食欲を抑えるのは簡単ですが、食事療法としてはお勧めできません。