腹部を圧迫する運動


運動は、胃を圧迫する最も効果的な方法の1つです。腰、太もも上部、下腿の回転運動、腹筋を使った運動は、腹部を圧迫する効果を示す運動です。一部の人々は継続の重要性を理解していますが、継続することができないか、停止することを切望しています。腹部の圧迫運動には、立ったり座ったりするなど、さまざまな種類があります。座位で運動するときは、椅子に座り、上半身を左または右に向けます。ゆっくりとした動きは突然の動きよりもお腹を強く引っ張る可能性があるので、静かに体を動かすようにしてください。テーブルワークで忙しい方でも、椅子に座ったままのエクササイズが簡単にできます。 1日3〜5セットずつ左右に20回動かすと、お腹を圧迫する効果があります。立ったままでできるエクササイズもあります。両手を合わせて腰から左右に傾けて体を伸ばし、腹部を絞ることができます。ダンベルやボトル入り飲料水を手に持ち、腹部や側面の周りに注意を払うと、トラクション効果がさらに高まります。 1日3回、右に10回、左に10回運動することで、お腹を絞る効果が得られます。お腹を効果的に絞るためにやる気を持って働くことが重要です。ワークアウトに取り組むときは、腹部の圧迫と成功した姿勢の効果を知り、日常的に目的意識を持ち続けることが重要です。