腰を締めないでください


ダイエットに背を向けたいという人はほとんどいません。あなたが年をとるにつれて、あなたが運動するにつれてあなたの筋肉は徐々に弱まります。腰は一般的に太りやすく、運動していないときは垂れ下がっています。背中の脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があります。多すぎると健康に良くないので、それらはすべて生命活動にとって重要なエネルギー源ですが、限界もあります。背中と腹筋をバランスよくトレーニングすることで、背中を引き締める効果を得ることができます。脂肪を燃焼させることに加えて、腰を圧迫するのに効果的な他の努力があります。わからない方やお腹が締まっている方は、便秘対策で背中を絞ることができます。腸内の空気や老廃物を見ると、胃が伸びているように感じます。排便機能の改善は、食生活の改善にも効果があります。腰を圧迫したいという理由で食べる量を減らすと、腸に送られる食物の量が減り、腸の活動が低下する可能性があることに注意してください。曲がった姿勢はまた、腰がたるむ原因となる可能性があります。良い姿勢は背中を引き締めるのにも役立ちますので、背中をまっすぐにし、へそを締めるように注意してください。