標準的な体の構造と肥満について


体重と体型を通常の範囲内に保ちたい人も肥満になりやすいです。標準重量として広く使用されているBMI法の式は、標準重量=重量÷高さx首です。 18.5以下のBMIは太りすぎで、ある程度体重が増えると言われています。通常の体重は、BMIが18.5〜25の間であることを示しています。肥満BMIは25を超えていますが、さらに分割可能です。 25〜30の肥満は1、30〜25の肥満は2、次に3と4の肥満で5段階です。 BMIは身長と体重のみで計算されるため、体脂肪の比率は考慮されていません。したがって、非常に太った人は少しふっくらと見えます。実際、太っているように見える太った人はそれほど肥満ではなく、一般的に体重を減らす必要はないと考えています。モデルの体型は、狙っている体型だと考える人もいます。モデルの体型は必ずしも標準的な体型ではありません。それらは通常の体重よりもはるかに薄く、しばしば太りすぎと見なされます。自分の体重を知ることは自己管理にとって重要ですが、体重だけで判断できるものではありません。常に体重に応じて体脂肪率と体サイズを測定してください。また、脂肪が多くなりすぎたり、体の構造が変化したりしないようにすることも重要です。通常の体重を減らしても、体型を崩しても意味がありません。ダイエット中の筋肉を保護するために、運動と運動を組み合わせてください。