日焼け止めと食べ物


日焼けを防ぐための日焼け対策を怠らないことが重要です。適切な予防策を講じれば、日焼けしても肌のトラブルを防ぐことができます。皮膚が紫外線を受けると、体を酸化する活性酸素の大部分が形成されます。体が酸化すると、鉄やその他の物質が酸化して錆び、体が老化します。ビタミンは活性酸素の抑制に効果があると言われています。日焼けを防ぐために、アクティブなビタミン摂取をお勧めします。日焼けを防ぐためにはビタミンが豊富な食品を食べることが重要ですが、体内からの日焼け対策はできません。ビタミンC、E、B2、カロチンの中でも、日焼け防止に効果的な栄養素と言えます。もちろんサプリメントも使えますが、特に旬の野菜に多く含まれていると言われています。日焼けを防ぐビタミンである野菜や果物を1日1回以上食べましょう。日焼け止めに関しては、美容クリームの使用や帽子で肌を隠すことに集中するのは簡単です。毎日の食事に日焼け対策を含めることは可能ですので、ゆっくりと試すことをお勧めします。