日焼け止めとその方法


日焼け止めに関しては、日焼け止めを考える人はたくさんいると思います。クリームを日焼け止めとして使用するときは、SPFおよびPAと呼ばれるインジケーターに注意してください。 SPFは中波長の紫外線を遮断する指標です。 PAは、同じ長波長の紫外線を遮断するインジケーターです。短、​​中、長紫外線の3つの波長があります。中長紫外線の2種類の紫外線の影響を受けていると言われています。日焼け止めを購入するときは、購入する前にSPFとPAを確認してください。日焼け止めは汗に強いのですが、一日中とどまらないので、朝の外出時に塗るのは効果的ではありません。海のように水に落ちない普通の生活を送っている場合でも、1〜2回塗り直すことをお勧めします。日焼け止めを塗るだけでなく、傘、帽子、サングラスなどの小物を使って日焼けを防ぐこともできます。広い肌タイプを選ぶと紫外線を防ぎ、髪や頭皮を太陽から守るための最も重要な対策のひとつが帽子です。必ずUVカット機能付きのサングラスをお選びください。私たちは一般的に私たちの目が紫外線の影響を受けることに興味がありません。紫外線は決して目には良くないと言えます。サングラスを選ぶときは、UV保護機能を備えていることを確認し、日焼けに対して適切な予防措置を講じてください。