年齢による色素斑による汚れやくすみ


場合によっては、斑点と青白さの本当のアイデンティティは古い色素斑のように見えます。 30代から20代前半の人は、20代に発生する可能性のある傷やくすみがあり、古いと言われていますが、若い人にも見られます。 40代の60%が所有していると言われており、大人は数センチに達します。老化色素斑の原因は、紫外線が長期間蓄積することによる紫外線の影響です。言い換えれば、5年から20年前の紫外線の影響で細胞核が弱まり、メラニン色素が過剰に生成されるのが普通です。年齢は直接の原因ではありません。幼い頃から強い紫外線の下で日常の仕事やスポーツをしている人や、肌が白くて主に紫外線に敏感な人ができると言われています。顔だけでなく、紫外線にさらされる機会が多い手や肩にもシミやくすみが発生すると言われています。顔や体のシミやくすみが増えると、見た目も古くなり、実年齢よりもかなり古くなりますので、対策をお勧めします。紫外線への露出を極力防ぐことは可能ですが、一度黒ずんだ老化色素斑を完全に取り除くことは困難です。皮膚科・美容整形では、ケミカルピーリングやレーザー照射が可能ですが、肌の種類によっては傷跡が残る場合がありますので、事前にご相談ください。毎日のシミやくすみを遠ざけるのは未来のホワイトニングです。