シミやくすみの原因


不安のシミやくすみは、皮膚にメラニン色素が沈着することによって引き起こされます。皮膚細胞を保護するメラニン色素は、紫外線などの刺激によって生成されます。メラニン色素は、しばらく皮膚に残った後、通常、皮膚の代謝によって体から排除され、消えます。しかし、過剰なメラニン色素が生成されると、代謝排泄が継続できないため、皮膚に残ります。シミやくすみの原因です。長時間の皮膚の炎症や紫外線への曝露によるメラニン色素の過剰な生成は、傷やくすみを引き起こします。ニキビや皮膚のかぶれが悪化し、シミや青白さが色素沈着することがあると言われています。老化や乾燥肌、血行不良による新陳代謝の低下などにより、古い肌がはがれる可能性が低いと言われています。メラニン色素は簡単に残ることができます。妊娠中や月経中は、皮膚が紫外線や乾燥に敏感になり、女性ホルモンがメラニンの過剰産生を引き起こす可能性があります。くすみは、メラニン色素の沈着、角質層の肥厚と透明性の喪失、および血流不良による毛細血管への血流のぼやけによって引き起こされます。それぞれの原因は、傷やくすみに対して異なる次元を持っているので、あなたの肌の状態と原因を研究することから始めてみませんか?