適度な有酸素運動


適度な有酸素運動は痩せた体操に効果があると言われています。多くの人々は、有酸素運動とエアロビクスを無駄のない運動と関連付けています。最近導入されたダイエット法は、有酸素運動だけを行う体操ではないと言われています。体操では、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせる方が効果的だと思われます。米国のクレイガー博士によって発明された有酸素運動と無酸素運動は、それぞれ30秒間交互に行われます。有酸素運動を20分以上続けないと、もともと減量の効果は小さかったというのは定評のある理論でした。時間が足りず体操ができなかった人も多かったです。クレイガー博士の理論によると、有酸素運動と無酸素運動を30秒間交互に行うことで、わずか3分の運動で体重を減らすことができると期待できます。心拍数を上げるために30秒間無酸素運動を行うと、全身に供給される酸素量が増えるようです。酸素の供給量を増やした後、有酸素運動ができるのは運動の脂肪燃焼効果です。具体的には、無酸素運動として両手を上げてバンザイスクワットを30秒間、有酸素運動としてその場で30秒間ジョギングすることで、交互に3分間体重を減らすことができると言われています。他の体操と同じように、基本的には体重を減らすために毎日続けるのが理にかなっているので、1日3分しかありませんが、続けましょう。セノッピー