ストレッチを使ったダイエット


最近、ストレッチを使ったダイエットが注目されています。ダイエットで1日に使用するカロリー量を増やすことが重要です。ストレッチは、筋肉の状態を調整し、基礎代謝を高めることでダイエットに効果的です。布団を伸ばすと、就寝時や起床時に筋肉を動かすことができると言われています。ベッドはとても柔らかいので、ストレッチすると腰痛を引き起こすことがよくあります。朝の布団の推奨ストレッチは、太もものダイエットに効果的なストレッチです。布団に乗ったら、膝を伸ばして両足の間に枕を置きます。ゆっくりと息を吐きながら、力を使って太ももの内側の枕を押しつぶします。約10秒間5回運動して完了します。ダイエット効果だけでなく、骨盤の位置も調整できるので、さわやかに目覚めるのでオススメです。就寝時には、むくみを解消するためにストレッチをすることをお勧めします。下半身は骨盤の周りの筋肉を動かすダイエット効果があると言われています。まず、布団に横になります。次に、枕を右足または左足の下に挿入します。膝から足の付け根の真ん中に置くと効果があると言われています。臀部の筋肉に気を配りながら、息を吐き、足を持ち上げます。足を上げた状態で、体をひねり、反対側に足を傾けて、体を10秒間ひねります。一方が終了したら、もう一方を実行し、それぞれ2つのアクションで終了します。布団でストレッチするのはダイエットにもいいし、やりやすいので、やってみませんか?シロル